REDECKER の洋服ブラシを買いました。

おすすめアイテム

洋服ブラシを買いました。

洋服ブラシを使って数少ない洋服の手入れをしてます、とかっこいいことを言いたくて買った。

実はもうずっと前から欲しかった洋服ブラシ。
買おうと思うたびにネットで調べていたけれど、種類が沢山ありすぎて、値段もマチマチ、馬け毛が良いのか豚毛が良いのか全くわからずなかなか踏ん切りがつかなかった。
そんなことをしている間に、お気に入りのニットやコートが少しずつ劣化していくから、もう我慢できずに買った。

だから今日は洋服ブラシの紹介と、実際に使ってみた感じを書こうと思う。

買ったのはレデッカーのブラシ。
これ、正しくはデスクブラシで洋服ブラシではないのらしいけど、洋服ブラシとして使用している人を見つけて私もじゃあそうしてみるか、ダメだったらデスクブラシにすれば良いしと思って購入。雑な保険をかけておいた。

このごちゃついた場所は玄関に取り付けられてるシュークローゼットの上。

毛は柔らかくて、いろんな生地に使えそうな馬毛。
馬毛と一くくりにしても、どの場所の毛を使うかで堅さがだいぶ変わるようだから、現物を見ないで物を買うのは不安だったけど、レビューをみて柔らかそうだということで思い切って購入。

実際柔らかくて安心した。
これならセーターにも安心して使えそう。

こちらの商品実際はデスクブラシのようです。
だから硬くないのかな?

実際使ってみた。ウールのコート。

左;ブラッシング後  右;ブラッシング前

お分かりいただけるだろうか。
ごわごわした感じが薄れている感じ。目が細かくなって、使用感が少し薄れている感じ。

実物を見るともっとわかりやすいんだけど。
なんていうか綺麗になった。

感動して、そのあと色んな洋服にかけてしまった。
綺麗になる。毛の向きが揃う、ただそれだけの理由かも知れないけど、綺麗になるもんだ。
はっきりと、だいぶ変わるって訳じゃ無いけど、地味に綺麗になる感じ。
普通に嬉しい。

個人的に思ったことは、上の写真のウールのコートなら、もう少し固めの馬毛or豚毛でよかったんじゃないかなって思った。
それ以外のセーターなら馬毛でいいんじゃないかな、恐らく堅い毛だと引っ掛かってしまうかも、と思ったけどどうなのかな。

ちょっと固めのブラシも欲しくなってしまった、ロフト辺りで見てこよう。そしてコートを着ていって、店頭で試せそうなら試してこようかな。

では。

買ったのはこちら。↓

なかなか大きいので、何回も手首を動かしてブラッシングしなくても良いのが面倒くさがりの自分には刺さりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました